BLOG064: 食事で体内の白色脂肪細胞を褐色脂肪細胞に変えることはできるの?

BLOG064: 食事で体内の白色脂肪細胞を褐色脂肪細胞に変えることはできるの? 820 312 オーガスト

脂肪細胞は、すべて同じではないことをご存知でしたか?

僕たちの体内には、一般的に大きく分けて2種類の脂肪細胞、白色脂肪細胞(WAT)と褐色脂肪細胞(BAT)が存在します。

僕たちが通常、脂肪と関連付けるものが白色脂肪細胞。
白色脂肪細胞は、食事によって余分に取り入れられたトリグリセリド(中性脂肪)を蓄わえる役割をします。

その一方で、褐色脂肪細胞は、非常に異なる働きをします。

実は、褐色脂肪細胞にはグルコースや脂質を利用してエネルギーを再生する働きがあるのです。(まるで筋肉細胞のように)
したがって、白色脂肪細胞と比較して、褐色脂肪細胞が体内に多いほど、代謝が良くなるというわけです。

残念ながら、褐色脂肪細胞は通常、成人である僕たちの体内には豊富に存在しません。(新生児の場合、BAT値は高くなります。)
肥満体型で高齢の方は、さらに少ないと言えます。また興味深いことに、女性と男性で比べると、女性の方がより多くの褐色脂肪細胞を持っている傾向があります。

では、白色脂肪細胞を褐色脂肪細胞に変換することで、体内の褐色脂肪細胞の割合を増やすことはできるのでしょうか。
また、それを可能にすることが証明された食品は存在するのでしょうか。

白色脂肪細胞を褐色脂肪細胞に変換する際の、食品とその有効性についての研究は継続されています。

いくつかの食品とその特定の栄養素が、動物実験においていくつかの有望な結果を示していますが、人間にとって同様に有効であることは、まだ証明されていません。今後さらなる研究が必要でしょう。

また、この研究に記載されている栄養素の少なくとも1つ(クルクミン)は、高用量の摂取において潜在的な毒性を示す可能性があることについても注意が必要でしょう。

今後の研究の進展が待ち遠しいですね。

▼参照リンク

https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fphys.2018.01954/full

==================

2020年、健康を習慣にしよう!

ケミカルな食生活を卒業して 、

あなたの健康のため、地球の未来のために、

信頼できる商品を選びませんか?

そんなアビオスの商品はこちらから↓

www.pureshop.jp