BLOG 035: 赤ワインは健康にいい? 赤ワインと血糖値の関係

BLOG 035: 赤ワインは健康にいい? 赤ワインと血糖値の関係 820 312 オーガスト

「健康のためにお酒はすべてやめました!」

そんな人に出会うことがよくあります。

僕は彼らに、「適度に赤ワインを楽しむこと(毎日2〜3杯)は、実はあなたの健康にとっていいんですよ。」とお話するのですが、、、いつも疑いの目で見られてしまいます(笑)

オーガストは、いったい栄養学の専門家なの?

それともただの酒呑みなの?

そんな声が聞こえてきますが、

まあ、両方ですね(笑)

 

僕が好んで飲むのは、ずばりワインです。特に赤ワインが大好きです。

昼食と夕食をとりながら、ほぼ毎日ワインを飲んでいます。

僕は、ワインが健康を促進する(そしておいしい料理を楽しむ)には欠かせない食品だと強く信じています。

実際に、2015年に出版された僕の本「3度の食事で老ける人、若返る人」で、赤ワインは、僕がオススメする20のスーパーフードの1つとして紹介しています。
https://www.draugust.com/book-sandonosyokujide/

 

それでも多くの人は、まだワインが及ぼす血糖値への影響を心配しています。
しかし、そんな心配とは裏腹に、赤ワインには実質的に糖分は含まれていません。
たとえ含まれていたとしても、その量はたったの1%未満。

一方で、白ワインやシャンパンにはもっと含まれています。

赤ワインなら、2〜3杯飲んだとしても、血糖値に悪影響を及ぼすことはないので安心して大丈夫。

その証拠に、224人の2型糖尿病患者を対象として行われた2年間の研究では、患者に赤ワイン、白ワイン、または水を夕食に飲むように割り当てたところ、赤ワインを飲んだグループは、血糖値と総コレステロール値の両方の数値が低下したことが証明されています。
また、それと同時にHDL(善玉コレステロール)の増加も見られています。

白ワインでも同様に、水だけを飲んだときよりも、血糖値と総コレステロール値への効果が見られました。

▼参考リンク
https://annals.org/aim/article-abstract/2456121/effects-initiating-moderate-alcohol-intake-cardiometabolic-risk-adults-type-2

 

もう一つのワインを飲むメリットは、睡眠の質が高まることです。

また、ワインを飲む人は、人生を楽しんでいる人が多い気がします。

 

ということで、皆さん一緒に。

乾杯〜!

=======================

2019年、健康を習慣にしよう!

ケミカルな食生活を卒業して 、

あなたの健康のため、地球の未来のために、

信頼できる商品を選びませんか?

そんなアビオスの商品はこちらから↓

www.pureshop.jp